忠臣片岡八郎公と花折塚
片岡八郎碑
 
 
王寺町の英雄
片岡八郎(利一)公

 達磨寺の本堂の西側に「石心松操」と彫られた大きな碑がたっている。これは、建武の新政を行った
後醍醐天皇の第3皇子、大塔宮護良親王の重要な家臣のひとりで、大塔宮を護り、国や人々を救おう
とした忠義の人、片岡八郎(本名=利一)の功績をたたえて建てられたものである。
 片岡八郎は王寺町の出身で、父は鎌倉の家人、母は大塔宮護良親王の乳母であった。
天皇と大塔宮が鎌倉幕府倒幕を計画するも失敗に終わり、大塔宮が熊野へ逃げ延びる際お供した
うちの一人で、大塔宮を守り十津川で戦死された武将である。

    片岡八郎(利一)物語 王寺町HPをご覧下さい。

花折塚
その後、片岡八郎の討ち死にしたあたりに花折塚と呼ばれる塚ができ、その墓の前を通る人々が、
八郎の忠義な心をしのび、山中の花を折って供えたところから折華塚、後に花折塚とよばれるように
なった。また片岡塚ともいわれている。
(十津川村の玉置山頂(からほぼ北へ2km、林道京ノ谷線沿いの山中にある。)

花折塚
花折塚(片岡八郎墓所)
大塔宮護良親王
大塔宮護良親王

片岡八郎公墓所(花折塚)大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)
元弘2年(1332)、熊野別当定遍の軍勢と戦い討死した、大塔宮護良親王の忠臣片岡八郎の墓所。後年道行く人々が、花を折って供えたところから折華塚(おりはなづか)、後に花折塚と称せられるようになった。

登り口

西日に向かって

東に向かって

北に向かって

墓碑
玉置神社(たまきじんじゃ)

玉置神社は、奈良県吉野郡十津川村にある神社。大峰山系の霊山の一つである玉置山の山頂直下の9合目に位置し、大峯奥駈道の靡(なびき)のひとつである。

社務所および台所、梵鐘は国の重要文化財。境内地の杉の巨樹群は奈良県の天然記念物。2004年7月に登録されたユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産・大峯奥駈道の一部


聖地・熊野三山の奥の宮「玉置神社」
人里遠く離れた紀伊半島中央の、熊野のやまなみの雲海は、 はるか太平洋を遠望する標高1077mの霊峰玉置山。
神々が降り立つ玉置山の境内には、神代杉をはじめ樹齢3000年といわれる老樹大樹が社となりその懐に抱かれるように荘厳な玉置神社の神殿が鎮座している。
日本における神様は国常立尊主神が1番はじめに現れたとされている。
日本で祀られている神社は、玉置神社とそして岐阜 の位山、木曽の御嶽山(里宮)、伊勢外宮など極めて 重要なところに祀られている。日本最古の神社が玉置神社にあたる。
そして八柱の神の1神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)神と 夫婦神になられた伊弉册尊(いざなみのみこと)神が今の日本の国を お創りになり玉置神社に祀られている。
玉置神社
玉置神社(標高1,000m)駐車場(鳥居前〜枕状溶岩堆積部〜樹齢3000年大杉〜社務所・梵鐘〜玉置神社総本殿)
玉置神社の大杉
境内には天然記念物の老巨杉郡(神代杉・常立杉・磐余杉・大杉などの)樹齢3000年の御神木が叢生しており、清浄な空気と荘厳な世界が太古の世界へといざなう。
玉置山(たまきさん)展望所 大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)第10玉置山(たまきさん)

玉置山は、奈良県吉野郡十津川村にある大峰山系の最南端で標高1076.4メートル、主に石英斑岩で形成される

1986年に森林浴の森100選に、2007年には日本の地質百選に選定された

花折塚ルート100km(王寺〜大塔の道の駅(五條市)〜観光案内所(十津川村観光協会)〜玉置神社駐車場)

護良親王( もりながしんのう)延慶元年(1308年) 〜 建武2年7月23日(1335年8月12日)
護良親王は、鎌倉時代後期から
建武の新政期の人物。後醍醐天皇皇子、母は源師親の娘親子。は北畠親房の娘。また公家の藤原保藤の娘である南方(みなみのかた)。興良親王の父。大塔宮(だいとうのみや / おおとうのみや)と呼ばれた。天台座主。

延慶元年(1308年)、後醍醐天皇(当時はまだ天皇ではない)の息子として生まれる。

6歳の頃、尊雲法親王として、天台宗三門跡の一つである梶井門跡三千院に入る。 大塔宮と呼ばれたのは、東山岡崎の法勝寺九重塔(大塔)周辺に門室を置いたとみられることからである。

正中2年(1325年)には門跡を継承し、門主となる。後醍醐天皇の画策で、嘉暦2年(1327年12月から元徳元年(1329年2月までと同年12月から元徳2年(1330年4月までの2度にわたり天台座主となる。『太平記』によると、武芸を好み、日頃から自ら鍛練を積む極めて例が無い座主であったという。


玉置山(標高1,076m)へのアクセス・玉置山周辺地図
玉置山へのアクセスマップ 玉置山周辺散策マップ
玉置山へのアクセスマップ 玉置山周辺散策コース案内