百人一首の風景                14    15
百人一首の風景 福島県陸奥 信夫(しのぶ)地方
14河原左大臣 みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに 乱れそめにし われならなくに

阪本桃水(純子)書
歌意
陸奥の信夫(しのぶ)で産するしのぶもぢずりの乱れ模様のように、あなた以外の誰のために乱れそめようとしている私ではないのに。ただあなただけのために乱れそめようとしている私なのです。


歌の背景
地位が高く、歌が上手な作者が恋人の一人にあてた歌。「みちのく」とは、東北地方の太平洋側にあたる東半分(青森・岩手・宮城・福島)にあたる。「しのぶもぢずり」は、福島県信夫地方でつくられていた乱れ模様のすり衣。
作者プロフィール
河原左大臣
822年~895年
本名は源融、嵯峨天皇の皇子。源の姓をもらって皇族から離れる。京都の六条に大きな家を建てた。

歌碑(嵐山亀山公園)

歌碑説明文

歌碑小倉百人一首文化財団建立
源 融(みなもと の とおる)
源 融(822年~895年9月21日)は、嵯峨天皇の十二男。侍従、右衛門督、大納言などを歴任。極位極官は従一位左大臣に至り、また六条河原院を造営したことから、河原左大臣(かわらのさだいじん)と呼ばれた。死後正一位を追贈されている。

肖像
嵯峨源氏融流初代。紫式部『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの一人といわれる。陸奥国塩釜の風景を模して作庭した六条河原院(現在の渉成園)を造営したといい、世阿弥作の能『融』の元となった。また、別邸の栖霞観の故地は今日の嵯峨釈迦堂清凉寺である。
六条河原院の塩釜を模すための塩は、難波の海(大阪湾)の北(現在の尼崎市)の汐を汲んで運ばれたと伝えられる。そのため、源融が汐を汲んだ故地としての伝承がのこされており、尼崎の琴浦神社の祭神は源融である。
872年(貞観14年)に左大臣にまで昇ったが、876年(貞観18年)下位である右大臣の藤原基経が陽成天皇の摂政に任じられたため、上表を出して自宅に引籠もった(『三代実録』及び『中右記』)。光孝天皇即位後の884年(元慶8年)、政務に復帰。
なお、陽成天皇の譲位で皇位を巡る論争が起きた際、「いかがは。近き皇胤をたづねば、融らもはべるは」(自分も皇胤の一人なのだから、候補に入る)と主張したが、源氏に下った後即位した例はないと基経に退けられたという話が『大鏡』に伝わるが、当時、融は私籠中であり、史実であるかどうかは不明である。
また融の死後、河原院は息子の昇が相続、さらに宇多上皇に献上されており、上皇の滞在中に融の亡霊が現れたという伝説が『今昔物語』『江談抄』等に見える。
現在の平等院の地は、源融が営んだ別荘だったもの。
Wikipediaより引用

2015年8月4日写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)