百人一首の風景              97    98
百人一首の風景 淡路島 淡路市松帆の浦 新勅撰集
97権中納言定家 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

阪本桃水(純子)書
歌意
いくら待っても来ない恋人を待って、松帆の浦の夕なぎの時に焼く藻塩草が火にこげるように、私の身も恋しい思いにこがれつづけています。

松帆の浦は、淡路島の最北端(淡路市)にある、明石海峡に面した海岸のことである。

作者プロフィール
権中納言定家
皇太后宮大夫俊成の子。御子左家の中心となって活躍。「新古今和歌集」、「新勅撰和歌集」などの撰者。

歌碑(嵐山立石町広場)

歌碑説明碑

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)
藤原 定家(ふじわら の さだいえ)
藤原 定家は、鎌倉時代初期の公家・歌人。諱は「ていか」と音読みされることが多い。小倉百人一首の撰者で権中納言定家を称する。

経歴
藤原北家御子左流で藤原俊成の二男。最終官位は正二位権中納言。京極殿または京極中納言と呼ばれた。法名は明静(みょうじょう)。歌人の寂蓮は従兄、太政大臣の西園寺公経は義弟にあたる。
平安時代末期から鎌倉時代初期という激動期を生き、御子左家の歌道における支配的地位を確立し、日本の代表的な歌道の宗匠として永く仰がれてきた歴史がある。
2つの勅撰集、『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』を撰進。ほかにも秀歌撰に『定家八代抄』がある。歌論書に『毎月抄』『近代秀歌』『詠歌大概』があり、本歌取りなどの技法や心と詞との関わりを論じている。家集に『拾遺愚草』がある。拾遺愚草は六家集のひとつに数えられる。
Wikipediaより引用

阪本蓉子のモンゴル岩塩蒙古颪と岩塩あめの取扱店:こーなん産直館淡路東浦店

店名 ホームストック淡路東浦店

所在地 〒656-2311 兵庫県淡路市久留麻 2068番地の1

電話番号 0799-75-2470
FAX    0799-75-2481

営業時間 月~土:9:00~19:30
日・祝:9:00~19:30

交通手段・久留麻バス停より3分・東浦インターより5分

写真撮影 2015年5月22日

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)