百人一首の風景              98    99
百人一首の風景 京都市 上賀茂神社 御手洗川 夏
98従二位家隆 風そよぐ ならの小川の 夕ぐれは みそぎぞ夏の しるしなりける

阪本桃水(純子)書
歌意
風がそよそよと楢の葉に吹いている。このならの小川の夕暮れは、涼しくて秋のような感じだが、この川のほとりでみそぎが行われているのが夏の証拠ですよ。


上賀茂神社の境内を流れる御手洗川
作者プロフィール
従二位家隆
1158年~1237年
本名は、藤原家隆、藤原光隆の子。歌の才能は権中納言定家と並んでほめたたえられ、「新古今和歌集」の撰者の一人。


上賀茂神社

歌碑

歌碑の説明

御手洗川

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)