百人一首の風景                32    33
百人一首の風景 山川 もみじ 秋
32春道列樹 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ もみぢなりけり

阪本桃水(純子)書
歌意
山の谷川に風がつくった流れ止めのしがらみ(さく)がありました。それは流れようとして流れきらずにいる紅葉の葉でしたよ。
京都から比叡山を通り、近江にぬける山道でつくられた歌。
作者プロフィール
春道列樹
~920年
新名宿禰の子。壱岐守という役人になるが、赴任前になくなる。
.

歌碑(嵐山亀山公園)

歌碑説明碑

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)

春道 列樹(はるみち の つらき)
春道 列樹(生年未詳 - 延喜20年(920年))は、平安時代中期の歌人。物部氏の一族で、主税頭(一説に雅楽頭)・春道新名(にいな)の子。子に春道有方・春道有近・春道仲方がいる。官位は六位・壱岐守。

延喜10年(910年)に文章生となり、大宰大監を経て、延喜20年(920年)に壱岐守に任じられたが、赴任前に没したという。
歌人として作品が『古今和歌集』に3首、『後撰和歌集』に2首入集している

Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)