百人一首の風景               30    31
百人一首の風景 有り明けの月 恋歌
30壬生忠岑 有り明けの つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

阪本桃水(純子)書
歌意
夜が明けてもそしらぬ顔で空にかかっている有り明けの月のように、あなたが私に対してそしらぬ様子に見えたあの別れの朝以来、暁ほどつらい悲しいものはない。

歌の背景
好きな女性のところに行ったのに冷たくされて、明け方の月を見ながら、帰ってくる男性の気持ちを詠んだと解釈されている。
また一方、そうではなく、恋人同士の男女が一夜を共に過ごし、「別れた明け方の歌」とする説もある。
「ありあけの月」とは、夜更けにのぼってきて、明け方まで空に残っている月のこと。満月を過ぎた十六日以降の月を指す。
作者プロフィール
.壬生忠岑
壬生安綱の子で、壬生忠見の父。下級の役人だったが、歌人としては有名。三十六歌仙の一人である。

歌碑(嵐山亀山公園

案内文

歌碑小倉百人一首文化財団建立
壬生 忠岑(みぶ の ただみね)
壬生 忠岑は、平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。

系譜
甲斐国造家の壬生直の一族で、従五位下・壬生安綱の子、あるいはある木工允・壬生忠衡子の説があるが、『三十六人歌仙伝』では「先祖不見」とあり、『歌仙伝』の方が古体であることを考慮すれば、不明であるとするのが穏当とされる。子におなじく三十六歌仙の一人である壬生忠見がいる。
経歴
身分の低い下級武官であったが、歌人としては一流と賞されており、『古今和歌集』の撰者として抜擢された。官人としては、定外膳部、六位・摂津権大目に叙せられたことが『古今和歌集目録』にみえるが、『歌仙伝』『忠見集』などの記載によれば、これらの官職についたのは息子の忠見であったらしく、『目録』の記載は疑わしいとされる。確実なのは『古今和歌集』「仮名序」をはじめ、諸史料にみえる右衛門府生への任官だけである。
また、『大和物語』によると藤原定国の随身であったという
後世、藤原定家、藤原家隆から『古今和歌集』の和歌の中でも秀逸であると作風を評価されている。藤原公任の著した『和歌九品』では、上品上という最高位の例歌として忠岑の歌があげられている。『拾遺和歌集』の巻頭歌にも撰ばれ、通常は天皇や皇族の歌を置いて儀礼的意義を高める勅撰集の巻頭歌に忠岑の歌が撰ばれたのは、彼の評価がそれだけ高かったからと言える。また、歌学書として『和歌十種』を著したとされるが、近時は10世紀後半以降、『拾遺和歌集』成立の頃に忠岑に仮託されて作られたものとみる説が有力である。『古今和歌集』(34首)以下の勅撰和歌集に81首が入首。家集『忠岑集』を残している。
Wikepediaより引用

2015年8月4日写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)