百人一首の風景               82    83
百人一首の風景 道因法師 思ひわび 恋歌 千載集
82道因法師 思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり

阪本桃水(純子)書
歌意
思う人のつれなさを恨み、我が身のつらさを嘆いて、生きていられないかと思った命も、それでもやはり生き長らえているのに、そのつらさにこらえきれないで、こぼれるものは涙であることよ。


歌の背景
つれない(相手にしてくれない)人に恋をして、死ぬほどつらい気持ちで悩んでいるけれど、それでも死なずに生きのびている。しかし、涙だけはあふれてくるという、せつない歌である。
作者プロフィール
.道因法師
1090年~1182年
出家前の本名は、藤原敦頼。崇徳院に仕え、90才を過ぎても沢山の歌会に出ていた。

歌碑

嵐山東公園千載集ゾーン
藤原 敦頼(ふじわら の あつより)
藤原 敦頼(1090年~1182年)は、平安時代後期の歌人。法名は道因。藤原北家高藤流、正三位藤原惟憲の曾孫。治部丞藤原清孝の子。官位従五位上右馬助

概要
若い頃の事績は不明であるが、官人としては右馬助などを務めて従五位上に至る。承安2年(1172年)に出家して道因と称した。
永暦年間から治承年間(1160年 ~ 1181年)にかけて開催された主要な歌合せに参加・出詠し、また自らも「住吉社歌合」「広田社歌合」などの社頭歌合を主催している。
千載和歌集』(20首)以下の勅撰和歌集に41首が入集している
逸話
出家の身ではあったが、歌道に志が深く、たいへん執着していた。七、八十歳の老年になってまでも「私にどうぞ秀歌を詠ませてください」と祈るために、歌神として信仰されていた大坂の住吉大社までわざわざ徒歩で、毎月参詣していたという。実際の歌会のときも、とくに講師の席の近くに座って、歌の講評をひと言も聞き漏らすまいとするような態度で耳を傾けていた。
敦頼の死後、藤原俊成が『千載和歌集』を撰進したとき、彼の歌への打ち込みかたが熱心だったので十八首の歌を入集させた。すると敦頼が夢の中に現れて涙を流して喜んだ。それを見ていっそう哀れに思った俊成は、さらに二首を加えて二十首にしたという。
Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)