百人一首の風景                54    55
百人一首の風景 忘れじの 恋歌
54儀同三司母 忘れじの 行く末までは かたければ けふを限りの 命ともがな

阪本桃水(純子)書
歌意
あなたが私のことをいつまでも忘れないという、その遠い将来のことまでは、頼みにしがたいことですから、この幸せな今日が最後の命であってほしいことです。

歌の背景
作者の夫藤原道隆が、作者の家に通い始めたころ、夫におくった歌である。当時の貴族の夫婦は一夫多妻の通い婚、不安だったのでしょう。
裏切られるくらいなら、幸せな今のうちに死んでしまいたいと歌っている。

作者プロフィール
.儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
~996年
高階成忠の娘で、名前は貴子。藤原道隆の妻となり、伊周(これちか)や隆家、一条天皇の后・定子を産んだ。夫が死んだあと、出家した。
儀同三司母は息子藤原伊周の官名(儀同三司)による。

歌碑(長神の杜)

歌碑説明文

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)
高階 貴子(たかしなの きし / たかこ)
、高階 貴子(生年不詳 - 長徳2年(996年)10月没)は平安時代の女流歌人。女房三十六歌仙に数えられる。通称は高内侍(こうのないし)、または儀同三司母(ぎどうさんしのはは)。前者は女官名、後者は息子藤原伊周の官名(儀同三司)による。

経歴
従二位高階成忠(923年 - 998年)の娘、生母は不詳。成忠室には紀淑光女が知られ、貴子はその所生だとすれば、学者・紀長谷雄の血をひくことになる。兄弟に右中弁信順・木工権頭道順・伊予守明順らがいる。
和歌を能くし、女ながらに詩文に長けた由、『大鏡』など諸書に見える。円融朝に内侍として宮中に出仕し、漢才を愛でられ殿上の詩宴に招かれるほどであった。おなじ頃、中関白藤原道隆(953年 - 995年)の妻となり、内大臣伊周(974年 - 1010年)・中納言隆家(979年 - 1044年)・僧都隆円(980年 - 1015年)の兄弟及び長女定子を含む三男四女を生んだ。
夫・道隆が永延3年(989年)に内大臣、永祚2年(990年)5月に関白、次いで摂政となり、10月に定子が一条天皇の中宮に立てられたため、同年10月26日、従五位上から正三位に昇叙。一方、貴子腹の嫡男伊周も急速に昇進し、正暦3年(992年)十九歳にして権大納言に任ぜられ、翌々年さらに内大臣に昇ったため、貴子は末流貴族の出身ながら関白の嫡妻、かつ中宮の生母として栄達し、高階成忠は従二位と朝臣の姓を賜った。

ところが、長徳元年(995年)4月10日に夫・道隆が病死すると、息子の伊周と隆家は叔父道長との政争に敗れ、権勢は道長側に移った。翌年になって、伊周と隆家は、花山院に矢を射掛けた罪(長徳の変)によって大宰権帥・出雲権守にそれぞれ左降・配流。貴子は出立の車に取り付いて同行を願ったが、許されなかった。その後まもなく病を得て、息子の身の上を念じながら、同年10月末に薨去した。四十代であったと推定される。
Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)