百人一首の風景                49    50
百人一首の風景 みかきもり 恋歌
49大中臣能宣 みかきもり 衛士の焚く火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ

阪本桃水(純子)書
歌意
皇居の御門を守る衛士のたくかがり火のように、私も夜は恋の炎が燃え上がり、昼は身も心も消え入るほどせつなく、つらい恋の物思いをしています。

歌の背景
ゆれ動く恋の思いを、夜と昼の様子で比べて、御所の警護の炎に例えて詠んだ歌である。
夜は恋しさに身をこがし、昼はもの思いにしずむという心の動きをうまく表現している。
当時、男一人で都に出てきた御垣守たちが、感じていた家族や恋人を思うせつなさがある。
作者プロフィール
大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶあそん)
921年~991年
伊勢神宮の祭主の家に生まれ、自身も祭主をつとめる。「後撰和歌集」の撰集にあたった。

歌碑(二尊院門前長神の杜)

歌碑説明文

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)
大中臣 能宣(おおなかとみ の よしのぶ)
大中臣 能宣(延喜21年(921年) - 正暦2年(991年)8月)は、平安時代中期の貴族・歌人。神祇大副・大中臣頼基の子。三十六歌仙の一人。官位は正四位下・祭主・神祇大副。

経歴
天延元年(973年)伊勢神宮祭主、寛和2年(986年)正四位下に叙位。
天暦5年(951年)梨壺の五人の一人に選ばれて和歌所寄人となり、『万葉集』の訓読と、『後撰和歌集』の撰集にあたった。冷泉天皇・円融天皇の大嘗会和歌を詠進したほか、円融天皇・花山天皇に家集を召されている。また歌合や屏風歌の制作でも活躍し、母娘二代の伊勢斎宮となった徽子女王・規子内親王家にも出入りした。
『拾遺和歌集』(59首)以下の勅撰和歌集に124首が入集。家集に『能宣集』がある。
Wikipediaより引

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)