百人一首の風景                26    27
百人一首の風景 貞信公 京都市 小倉山 嵐山公園亀山地区 拾遺集
26貞信公(藤原忠平) 小倉山 峰のもみじ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ 

阪本桃水(純子)書
歌意
小倉山の峰のもみじ葉よ、もしお前に心があるならば、もう一度天皇の行幸があるまで、散らずに待ってほしいものだ。

藤原 忠平(ふじわら の ただひら)
兄・時平の早世後に朝政を司り、延喜の治と呼ばれる政治改革を行った。朱雀天皇のときに摂政、次いで関白に任じられる。以後、村上天皇の初期まで長く政権の座にあった。兄・時平と対立した菅原道真とは親交を持っていたとされる。平将門は忠平の家人として仕えていた時期もあった。

作者プロフィール
貞信公(藤原忠平)
880年
〜949年
平安時代の公卿、藤原基経の四男。母は操子女王、兄弟に時平、仲平など、子に実頼、師輔などがいる。小一条太政大臣と号す。
小倉山おぐらやま
京都嵐山、大堰川北岸の山。
小倉山 (京都市) - 京都府京都市右京区にある山。
雄蔵山・小椋山とも。標高286メートル。東麓に嵯峨野が広がり、東北麓には化野がある 。平安期の山麓は貴人の隠棲地。「小倉百人一首」の名は藤原定家がこの地で撰集 したことに由来。京福電車嵐山下車1キロ。

所在地 京都府京都市
交 通 最寄駅 

小倉百人一首文化財団建立 嵐山公園亀山地区拾遺集ゾーン
写真撮影2008年5月13日

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)