百人一首の風景                16    17
百人一首の風景 鳥取県因幡
16中納言行平在原行平 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む

阪本桃水(純子)書
歌意
あなたと別れて任国の因幡国へ行きますが、因幡の稲羽山の峰に生えている松の木のように、私の帰りを待っていると聞いたなら、すぐにも帰って来ましょう。


歌の背景
855年の春、38歳の行平は、稲葉国の国司を任された。この歌は、因幡へと向かう前、送別会に集まった人々の前で詠んだ挨拶の歌。
作者プロフィール
中納言行平
818年~893年
本名は在原行平、平城天皇の皇子・阿保親王の子で、在原業平朝臣の母ちがいの兄である。


歌碑(嵐山亀山公園)

歌碑説明文

歌碑小倉百人一首文化財団建立
在原 行平(ありわら の ゆきひら)
在原 行平(818年~893年9月6日)は、平安時代前期の歌人・公卿。平城天皇の第一皇子である弾正尹・阿保親王の次男(または三男)。在原業平の兄。官位は正三位・中納言。在中納言・在民部卿とも呼ばれた。小倉百人一首では中納言行平。

経歴
天長3年(826年)父・阿保親王の奏請により兄弟とともに在原朝臣姓を賜与され、臣籍降下する。
承和の変後急死した阿保親王の子息のうち、また当時の藤原氏以外の官吏としては、比較的順調な昇進ぶりを示し、特に民政に才を発揮した。承和7年(840年)仁明天皇の蔵人に任じられ、翌承和8年(841年)従五位下・侍従に叙任される。承和13年(846年)従五位上・左少将に叙任され、以降は主に武官と地方官を務める。
文徳朝の斉衡2年(855年)正月の除目により従四位下に叙せられると同時に因幡国守に任ぜられる。小倉百人一首に取られた和歌は、このときの任国への下向に際してのものである。のち2年余りで帰京する。古今和歌集によれば、理由は明らかでないが文徳天皇のとき須磨に蟄居を余儀なくされたといい、須磨滞在時に寂しさを紛らわすために浜辺に流れ着いた木片から一弦琴、須磨琴を製作した伝えられている。なお、謡曲の『松風』は百人一首の行平の和歌や、須磨漂流などを題材としている。
清和朝では左京大夫・大蔵大輔・左兵衛督を経て、貞観12年(870年)参議に補任し公卿に列す。貞観14年(872年)には蔵人頭に任ぜられるが、参議が蔵人頭を兼帯した例は非常に珍しい。貞観15年(873年)従三位・大宰権帥。
元慶5年(881年)在原氏の学問所として大学別曹奨学院を創設した。これは朱雀大路東・三条大路の北一町を占め、住居を与えて大学寮を目指す子弟を教育したもので、当時は藤原氏の勧学院と並んで著名であった。なお、行平の死後、醍醐天皇のときに奨学院は大学寮の南曹とされた。元慶6年(882年)正三位・中納言に至るが、仁和3年(887年)70歳の時、中納言・民部卿・陸奥出羽按察使を致仕して引退する。
Wiepediaより引用

2015年8月4日写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)