百人一首の風景                42    43
百人一首の風景 宮城県多賀城市八幡 未の松山
42清原元輔 ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 未の松山 波越さじとは

阪本桃水(純子)書
歌意
あなたと私とは約束をしましたね。おたがいに涙にぬれた袖をしぼりながら「末の松山を波が越さないように、どんなことがあっても心変わりはしまい」とね。だのにあなたは心変わりしてしまったのですね。
心変わりした女に対する恨みを述べた歌である。


背景
この歌は、永遠の愛を誓ったというのに、心変わりをしてしまった女性におくった失恋の歌。過去の約束を確認して、それを守らなかった相手を責めている歌である。
作者プロフィール
清原元輔
908年~990年
清原深養父の孫で、清少納言の父。

歌碑 清原元輔42百人一首
歌碑

歌碑説明文
清原元輔 42百人一首
歌碑 嵐山公園亀山地区後拾遺集ゾーン

清原 元輔(きよはら の もとすけ)
清原 元輔(908年~990年6月)は平安時代の歌人・官人。内蔵允・清原深養父の孫で、下総守・清原春光の子。娘に清少納言がいる。三十六歌仙の一人。官位は従五位上肥後守。

経歴
951年河内権少掾に任ぜられ、のちに少監物・中監物・大蔵少丞・民部少丞・同大丞などを歴任する。969年従五位下・河内権守となった後、974年周防守に鋳銭長官を兼ねる。(980年従五位上、986年肥後守と主に地方官を歴任。990年任地にて没。熊本市の清原神社(北岡神社飛地境内)に、祭神として祀られている。
当時としては長命で83歳まで生きた。

歌人としての評価
梨壺の五人のひとりとして、『万葉集』の訓読や『後撰和歌集』の編纂に当たった。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に約100首が入集。家集に『元輔集』がある。元輔が歌人として高名だったことは『枕草子』に見え、女房勤めした折に清少納言が「父の名を辱めたくないので歌は詠まない」といって許されたという逸話がある。祖父の深養父も『古今和歌集』に17首も採用され、歌人として名高い。深養父・元輔・清少納言はともに小倉百人一首に和歌が採られている。
未の松山
未の松山は、陸奥(東北地方)の歌枕。宮城県多賀城市八幡に史跡が残されている。
末松山宝国寺の裏には、大きな松の木があり、昔はその近くまで海だったそうである。
後拾遺集と百人一首14首


後拾遺和歌集
(ごしゅういわかしゅう)
後拾遺和歌集は八代集の第四、『拾遺集』の後継たるべく編まれた勅撰和歌集である。勅命は白河天皇、撰者は藤原通俊。1075年奉勅、1086年9月16日完成を見、同年10月奏覧された。二十巻、総歌数1218首(新編国歌大観本)。

構成は古今和歌集を基とし、春(上・下)、夏、秋(上・下)、冬、賀、別、羇旅、哀傷、恋(四巻)、雑(六巻)からなる。巻二十(雑歌六)に収める「神祇」「釈教」の分類は勅撰集における初見。選歌範囲は『古今』『後撰』以後、村上朝から白河朝までの約130年間である。
この歌集は、絢爛たる王朝文化が衰退しはじめた頃、華やかなりし昔を振り返ったともいうべきものである。主な歌人は、和泉式部(67首)・相模(39首)・赤染衛門(32首)・能因法師(31首)・伊勢大輔(26首)と、一条朝前後の宮廷で活躍した才女歌人が上位を占め、女流の比重も三割と大きい。ほかに、清原元輔大中臣能宣源道済藤原長能・同公任ら後撰・拾遺時代の歌人も重視されている。和泉式部の激情がほとばしる恋歌から、赤染衛門の細やかな思い遣りの贈答歌、能因・良暹ら僧侶歌人の旅情豊かな歌、曾禰好忠の大胆な型破りの歌まで、その作者・作風ともに多様である。また、詠歌背景を詳しく説明する長文の詞書が多く、散文的特色が指摘されている。

42.清原元輔        ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 未の松山 波越さじとは
50.藤原義孝        君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
51.藤原実方朝臣     かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
52.藤原道信朝臣     明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
56.和泉式部        あらざらむ この世のほかの 思い出に いまひとたびの 逢ふこともがな
58.大弐三位藤原賢子  有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
59.赤染衛門        やすらはで 寝なましものを 小夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな
62.清少納言        夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よにあふ坂の 関はゆるさじ
63.左京太夫通雅     今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
65.相模           恨みわび 乾さぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ
68.三条院          心にも あらでうき世に 長良へば恋しかるべき 夜半の月かな
69.能因法師        あらし吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり
70.良暹法師        さびしさに 宿を立ちいでて ながむれば いづこも同じ 秋の夕ぐれ
73
権中納言匡房     たかさごの 尾のへの桜 咲にけり とやまのかすみ たたずもあらなむ

嵐山公園亀山地区 小倉百人一首文化財団歌碑建立

嵐山公園亀山地区

亀山地区案内図

歌碑

保津川

展望台から望む保津川
写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)