百人一首の風景                15    16
百人一首の風景 京都市 宮中 春の野
15光孝天皇 きみがため 春の野にいでて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ

阪本桃水(純子)書
歌意
あなたのために春の野に出かけて、若菜(七草)を摘んでいる私の袖には、春がまだ早いので、雪が降りかかってきます。
若菜つみは年中行事の一つで、七草粥のもととなっている。




歌の背景
光孝天皇が皇子だった時に詠んだ歌。早春のころ、人に若菜をおくるために添えたようである。
若菜(七草)
新春の野草を食べると、病気にならないと言われた。正月7日には「七草粥」として食べる習慣がある。
「せり、なずな、ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」と歌で覚える。
若菜=春の七草
せり、なずな、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(ハコベ)、ほとけのざ(コオニタビラコ)、すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)
作者プロフィール
光孝天皇
830年~887年
陽成院の後の、第58代天皇。仁明天皇の第3皇子。頭もよく、人に愛された。



歌碑(嵐山亀山公園)

歌碑説明文

歌碑小倉百人一首文化財団建立

光孝天皇(こうこうてんのう)
光孝天皇(天長7年(830年) - 仁和3年8月26日(887年9月17日)は、第58代天皇(在位:元慶8年2月23日(884年3月23日) - 仁和3年8月26日(887年9月17日))。諱(いみな)は時康(ときやす)。仁明天皇の第三皇子。母は藤原総継の娘、贈皇太后沢子。

略歴
幼少より太皇太后橘嘉智子の寵愛を受ける。16歳で父仁明天皇の御前で元服して親王となり、四品に叙せられる。以後、中務卿、式部卿、相撲司別当、大宰帥、常陸太守、上野太守と、親王が就任する慣例となっている官職のほぼすべてを歴任し、53歳のときに一品に叙せられ親王の筆頭となった。
陽成天皇が藤原基経によって廃位されたのち55歳で即位。『徒然草』には即位後も不遇だったころを忘れないように、かつて自分が炊事をして、黒い煤がこびりついた部屋をそのままにしておいた、という話があり、『古事談』にも似たような逸話がある。基経を関白にとして、前代に引き続いて政務を委任した。即位と同時にすべての子女を臣籍降下させ、子孫に皇位を伝えない意向を表明していたが、次代の天皇の候補者が確定しないうちに病を得たため、仁和3年8月25日に子息・源定省(後の宇多天皇)を親王に復し、翌8月26日に立太子させた。同日に天皇は58歳で崩御(死亡)し、定省親王が践祚した(宇多天皇)。
宮中行事の再興に務めるとともに諸芸に優れた文化人でもあったとされる。和歌・和琴などに秀でたともされ、桓武天皇の先例にならって鷹狩を復活させた。また、親王時代に相撲司別当を務めていた関係か即位後相撲を奨励している。晩年は、政治改革を志向するとともに、親王時代の住居であったとされる宇多院の近くに勅願寺創建を計画するも、いずれも実現を見ぬままに終わり、跡を継いだ宇多天皇の「寛平の治」及び仁和寺創建に継承されることになる。
『日本三代実録』に「天皇少く(わかく)して聡明、好みて経史を読む。容止閑雅、謙恭和潤、慈仁寛曠、九族を親愛す。性、風流多く、尤も人事に長ず」と評されている。

Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)