百人一首の風景                91    92
百人一首の風景 京都市 きりぎりす 秋
91後京極摂政前太政大臣 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかもねむ

阪本桃水(純子)書
歌意
こうろぎが鳴く霜の降る寒い晩の、むしろの上に私は自分の片袖を敷いて、ただ一人寝るのだろうか。

歌の背景
霜が降りるほど寒い秋の夜、むしろの上に横たわって、だれかを思いながら一人で眠る男性というのは、哀れな感じがする。虫の鳴き声が寂しい気持ちをいっそうつのらせる歌である。
作者プロフィール
後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだじょうだいじん)
1169年~1206年
本名は藤原良経、藤原兼実の子。10代から才能を発揮し、摂政太政大臣になったが、38歳で急死した。


歌碑(二尊院門前長神の杜)

歌碑説明碑

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)

九条 良経(くじょう よしつね)
九条 良経(嘉応元年(1169年) - 元久3年3月7日(1206年4月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。従一位、摂政、太政大臣。後京極殿と号した。通称は後京極摂政(ごきょうごく せっしょう)。摂政関白・九条兼実の次男。小倉百人一首では「後京極摂政前太政大臣」。

来歴
治承3年(1179年)元服し、従五位上に叙せられる。元暦2年(1185年)従三位。文治4年(1188年)、同母兄の九条良通が早世したため兼実の嫡男となった。その後も権中納言、正二位、権大納言と昇進し、建久6年(1195年)に内大臣となった。しかし翌年11月、反兼実派の丹後局と源通親らの反撃を受けて父とともに朝廷から追放され、蟄居することを余儀なくされた(建久七年の政変)。
正治元年(1199年)、左大臣として政界復帰を果たし、その後内覧となる。そして建仁2年(1203年)12月、土御門天皇の摂政となり、建仁4年(1204年)には従一位、太政大臣となった。しかし元久3年(1206年)3月7日深夜に頓死。享年38。

Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)