百人一首の風景                36    37
百人一首の風景 京都市 夏の夜 古今集
36清原深養父 夏の夜は まだよひながら 明けぬるを 雲のいずこに 月やどるらむ

阪本桃水(純子)書
歌意
夏の夜は短くて、まだ宵のうちだと思っている間にもう明けてしまった。月は、沈む間もないことでしょう。雲のどのあたりに、宿をとることであろうか。


歌の背景
夏の夜はとても短く、日が暮れたかと思ったら、もう明けしまったということを強調している。
月を見て楽しむ風習は平安時代から盛んになった。月見などの行事の時以外にも、月を見て過ごすことは多かった。

作者プロフィール
清原深養父
清原元輔の祖父、清少納言の曽祖父にあたる。琴の名手でもあった。

歌碑

小倉百人一首文化財団建立
清原 深養父(きよはら の ふかやぶ)
清原 深養父(生没年不詳)は、平安時代中期の歌人。父は豊前介・清原房則。孫に清原元輔、曾孫に清少納言がいる。官位は従五位下・内蔵大允。中古三十六歌仙の一人。

経歴
908年(延喜8年)内匠少允、923年(延長元年)内蔵大允等を歴任、930年(延長8年)従五位下に叙せられる。晩年は洛北・岩倉に補陀落寺を建立し、隠棲したという。
勅撰歌人であり、『古今和歌集』(17首)以下の勅撰和歌集に41首が入集している。藤原兼輔・紀貫之・凡河内躬恒などの歌人と交流があった。家集に『深養父集』がある。琴の名手であり、『後撰集』には清原深養父が琴を弾くのを聴きながら、藤原兼輔と紀貫之が詠んだという歌が収められている。
存命中は高い評価を受けていたが、藤原公任の『三十六人撰』(いわゆる三十六歌仙)に名をあげられなかったこともあって、この歌は平安末期まで秀歌の扱いを受けなかったようである。その後、藤原俊成や藤原清輔らに再評価され中古三十六歌仙の一人に撰ばれた。
Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)