百人一首の風景               28    29
百人一首の風景 山里 冬
28源 宗干朝臣 山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

阪本桃水(純子)書
歌意
山里は都とちがって、とりわけ冬がさびしく感じられるものです。人の訪れも絶え、草も枯れてしまうと思うと。

歌の背景
山里では、冬が一段と寂しいことを詠んでいる。「山里は~まさりける」と先に言うことで強調され、きびしい寒さが伝わってくるような一首である。
山里というのは、都から少し離れた嵯峨野や宇治など景色のいい場所を指すことが多く、貴族たちの別荘が建てられた。
作者プロフィール
.源 宗干朝臣(みなもとのぬねゆきあそん)
光孝天皇の孫、是忠親王の子。三十六歌仙の一人で、紀貫之と親しかった。

歌碑(嵐山亀山公園)

歌碑説明碑

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)
源 宗于(みなもと の むねゆき)
源 宗于(、生年不詳 - 940年1月9日))は、平安時代前期から中期にかけての官人・歌人。光孝天皇の皇子是忠親王の子。娘に閑院大君がいる。官位は正四位下・右京大夫。三十六歌仙の一人。

経歴
894年(寛平6年)源姓を賜与され、臣籍降下する。丹波権守、摂津権守、三河権守、相模権守、信濃権守、伊勢権守などの国司を務めるなど地方官を歴任し、また兵部大輔、右馬頭を務めた。天慶2年(939年)正四位下・右京大夫に昇進したが、翌年に没した。
「寛平后宮歌合」などの歌合に参加、紀貫之などと交流があった。『古今和歌集』(6首)以下の勅撰和歌集に15首入集。家集に『宗于集』がある。『大和物語』に右京大夫として登場する。
逸話
『大和物語』には、宗于が自分の官位があがらないことを宇多天皇に嘆く話が載せられている。宇多天皇が紀伊の国から石のついた海松という海草を奉ったことを題として、人々が歌を詠んだとき、宗于は「沖つ風ふけゐの浦に立つ浪のなごりにさへやわれはしづまぬ(=沖から風が吹いて、吹井の浦に波が立ちますが、石のついた海松のようなわたくしは、その余波によってさえ波打ちぎわにもうち寄せられず、底に沈んだままでいるのでしょうか)」という歌を詠んで、自分の思いを伝えようとした。しかし、宇多天皇は「なんのことだろうか。この歌の意味が分からない」と側近の者にお話になっただけで効果はなかったという。
Wikipediaより引用

写真撮影

お勧めの観光スポット
観光地
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)