百人一首の風景                61    62
百人一首の風景 奈良市 平城京(奈良の都) 平城遷都1300年
61伊勢大輔 いにしえの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

阪本桃水(純子)書
歌意
昔の奈良の都に美しく咲いた八重桜が、今日はこの九重(宮中のこと)で、いっそう色美しく咲いていることだ。
新参の女房である伊勢大輔が、奈良の都の八重桜を受け取る役を紫式部より譲られ、満座注視の中で詠んだ当意即妙の歌である。

八重桜
作者プロフィール
伊勢大輔(いせのたいふ 989年頃~1060年頃)は平安時代中期の女流歌人。伊勢神宮の祭主大中臣輔親の娘だったので伊勢大輔と呼ばれた。三十六歌仙の一人。
1008年頃に一条天皇の中宮上東門院藤原彰子に仕え、和泉式部・紫式部などと親交。1049年の内裏歌合、1056年の皇后宮寛子春秋歌合に出詠している。
高階成能に嫁し、康資王(やすすけおう)の母、筑前乳母、源兼俊母など優れた歌人を生んだ。

大極殿

歌碑(長岡京市小倉山荘庭園内)

奈良の都(平城京)
 かっての日本の首都は、唐の都「長安」などを模して建造された。藤原京から平城京への遷都は707年に始まり、710年に遷都された。
 740年、恭仁京への遷都によって平城京は一時的に放棄されるが、745年には再び平城京に遷都され、784年山城国の長岡京に遷都されるまで都がおかれた。山城国に遷都した後は南都と呼ばれる。
 平城京は現代においては音読みで「へいじょうきょう」と読むが、かっては「ならのみやこ」と訓読みしたというのが定説である。
奈良の八重桜
奈良県庁横駐車場(奈良市登大路町)

奈良の八重桜碑

八重桜


歌碑説明碑

歌碑(二尊院門前長神の杜)

歌碑説明文

歌碑(小倉百人一首文化財団建立)
伊勢大輔(いせのたいふ/いせのおおすけ)
伊勢大輔(永祚元年(989年)頃? - 康平3年(1060年)頃?))は、平安時代中期の女流歌人。大中臣輔親の娘。高階成順に嫁し、康資王母・筑前乳母・源兼俊母など優れた歌人を生んだ。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。

経歴
1008年(寛弘5年)頃に一条天皇の中宮・上東門院藤原彰子に仕え、和泉式部・紫式部などと親交し、晩年には白河天皇の傅育の任にあたった。1060年(康平3年)までの生存が確認されている。
逸話
『百人一首』にも採られて有名な「いにしへの」の歌は、奈良から献上された八重桜を受け取る役目を、紫式部が勤める予定のところ、新参女房の伊勢大輔に譲ったことがきっかけとなり、更に藤原道長の奨めで即座に詠んだ和歌が、上東門院をはじめとする人々の賞賛を受けたものである
Wikipediaより引用


平城宮跡の桜
中島正夫作
奈良の八重桜(ナラノヤエザクラ)
 奈良の八重桜(ナラノヤエザクラ)は奈良県の県花であり、奈良市の市章にもなっている。奈良に生えている八重桜という意味でなく「ナラノヤエザクラ」という品種をさしている。普通の八重桜のような品種改良された豪華な牡丹桜でなく、花の直径が2.5~3cmと小ぶりの可憐な花で、山桜の変異から生まれたデリケートで育てにくい。天然記念物に指定されている東大寺知足院の原種を含め数えるほどしか現存していないそうである。
ナラノヤエザクラの特徴は
・桜の中で季節の一番最後に咲く
・若葉とともに蕾が枝につき葉陰からのぞくように小ぶりの花が咲く。
・蕾の時は紅色、花が開くと淡いピンク、散り際にはまた赤く染まる。
奈良の八重桜が咲く場所
①知足院
②転害門
③県庁横駐車場
④奈良公園会館奥
⑤奈良国立博物会館
⑥奈良女子大学



平城宮大極殿

平城宮跡

東大寺二月堂

奈良公園
写真撮影2008年5月13日

平城遷都1300年トピックス
平城遷都1300年祭キャラクター
朝日新聞記事2008年6月3日掲載
平城遷都1300年祭のキャラクター
 奈良市の平城宮跡などで2010年に開かれる「平城遷都1300年祭」の公式キャラクター「せんとくん」にライバル、市民公募で選定された「まんとくん」、鹿が平城宮の朱雀門を模した帽子をかぶり、マントをまいたキャラクターが現れました。
 地元商店街などは「まんとくん」を活用する意向で、同祭には二つのキャラクターが並び立つことのようです。
朝日新聞記事7月1日
応援歌に「まんぞく」
平城遷都1300年祭の民間公募キャラクター「まんとくん」に応援ソングが出来ました。
まんとくんのうた♪(1番)
そらとぶまんと まんとくん
じかんをこえて とんできた
すてきなみらいを つくるため
みんなでちえを だしあおう
やまんとまんと まんとくん
どんとどんと どんとこい

所在地 奈良県奈良市佐紀町 平城宮跡
交 通 近鉄奈良線「大和西大寺駅」下車 徒歩15分
     第二阪奈奈良ICから10分 
お勧めの観光スポット
観光地
奈良市地区 車で5~30分
大和郡山地区 車で5~15分
天理地区 車で15~30分
モンゴル岩塩蒙古颪の販売処
観光地
奈良市地区 キトラ   西の京みやげ処きとら
大和郡山地区
天理地区 登酒店
周辺情報
温 泉
宿 泊
お買物場所
随時お土産を紹介していきます。
お問い合わせ先
リストマーク 光情報株式会社
  〒636-0023
奈良県北葛城郡王寺町太子1丁目12番4号
TEL:0745-33-7232 FAx:0745-33-7233
(担当 / 阪本)